新板橋クリニック|クリニックのご紹介
  1. ホーム
  2. クリニックのご紹介

清水院長ご挨拶・医療理念

新板橋クリニック院長 清水公一平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。

消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。

がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。

また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。

検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。

院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

新板橋クリニック院長 清水公一

医療理念

  • 医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。
  • 人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

pagetopへ戻る

新板橋クリニックの診療方針・努力指針

新板橋クリニックの治療方針は次の通りです。

来院される方に安心や満足をもたらすように、次のことを努力します。

pagetopへ戻る

医師の診察態度・職員憲法

私たちには、毎日自分たちに言い聞かせている言葉があります。

新板橋クリニックの医師は、次の自己点検を常に心がけています。

新板橋クリニックの職員は、次の自己点検を常に心がけています。

pagetopへ戻る

医療連携

都内有数の病院や専門医とネットワークがあり、それらへ紹介、医療連携を行えます。

単に紹介するのでなく、密接な連携を行えることが特徴です。

pagetopへ戻る

清水院長・スタッフ紹介

院長 清水公一(しみずこういち)紹介

新板橋クリニック院長 清水公一

主な経歴、専門分野

消化器外科(特に胃がん・大腸がん・肝臓がん)手術、肝胆膵系がん・胃がん・大腸がんの癌化学療法を専門に診療を行っていました。

また腫瘍免疫のエキスパートであることから、がん集学的治療(外科治療・化学療法・放射線療法)に免疫療法を積極的に取り入れてまいりました。

緩和医療チームを兼任し、癌患者に対する緩和医療の教育・指導を行い、また癌性疼痛治療マニュアル作成委員としてその作成の中心的役割を果たしてまいりました。

大学病院関連のクリニックでは、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病専門外来、漢方外来を行っていました。


主な資格・学会

日本外科学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本消化器病学会、日本消化器外科学会、日本緩和医療学会、日本臨床腫瘍学会、臨床外科学会、日本内視鏡学会、超音波医学会、日本バイオセラピィ学会、アメリカ臨床腫瘍学会、アメリカ癌学会

認定・専門医等

日本外科学会認定医、日本消化器外科学会認定医、消化器内視鏡学会専門医、日本癌治療学会がん治療認定医、日本緩和医療学会暫定指導医

プロフィール

1966年(昭和41年) 生まれ
1991年(平成3年) 千葉大学医学部卒業
1991年〜1997年 東京女子医科大学消化器病センター外科勤務
1997年~2000年 米国ミシガン大学腫瘍外科に留学、腫瘍免疫・癌集学的治療の研究に従事
2000年~2006年 東京女子医科大学消化器病センター外科助手として勤務
胃癌・大腸癌・肝胆膵系癌の化学療法、胃・大腸外科、肝臓外科を専門に手術・診療に従事
2001年~2006年 東京女子医科大学消化器病センター外科腫瘍免疫・癌免疫細胞療法チーム主任、臨床試験責任医師を兼任
2003年~2006年 東京女子医科大学緩和医療チームを兼任。癌性疼痛治療マニュアル作成委員
2006年4月 新板橋クリニック開院

pagetopへ戻る

副院長 冲永功太(おきながこうた)紹介

新板橋クリニック副院長 沖永功太

主な経歴、専門分野

大学では、外科全体、中でも消化器外科全般特に食道、胃、大腸の外科手術を主として施行してきました。専門的には脾臓の外科、外科感染症、腫瘍免疫、癌の免疫療法などを研究テーマとしておりました。

当クリニックでは、糖尿病、脂質異常症や高血圧など生活習慣病の診療を中心に行い皆様の健康の維持にお役にたてるように、また癌の早期発見に情熱をもっております

これまでの豊富な臨床経験をもとに肛門疾患を含めて消化器系疾患全般にわたっていろいろな病気に対応できます。

さらに、ヘルニアとくに鼠径ヘルニアを中心に現在でも手術を行っております。


お知らせ

沖永医師担当のヘルニア外来および鼠径ヘルニア手術は、医師都合により終了いたしました。2016年4月からは、新規のヘルニア外来お問い合わせ・外来予約・手術予約は行っておりませんので、ご了解ください。
開院してから、多くの方にヘルニア外来を受診いただきましたことに、厚く御礼を申し上げます。

主な資格・学会

日本外科学会特別会員、日本消化器外科学会特別会員、日本消化器病学会特別会員、日本小児外科学会特別会員、日本腹部救急医学会名誉会員、日本成人病学会理事、日本臨床外科学会常任幹事、日本外科系連合学会理事長、日本ヘルニア学会理事長 国際外科学会会員、万国外科学会会員、アメリカ臨床腫瘍学会会員、アメリカヘルニア学会会員

専門・指導医等

日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本小児外科学会専門医・指導医

プロフィール

1940年(昭和15年) 生まれ
1966年(昭和41年) 東京大学医学部卒業
1966年~1968年 東京大学医学部付属病院研修医
1968年~1971年 東京都立墨東病院外科勤務
1971年~1976年 東京大学医学部第1外科勤務
1976年~1979年 アメリカミネソタ大学医学部外科へ留学
1979年~2000年 帝京大学医学部第2外科主任教授
2000年~2005年 帝京大学医学部外科主任教授(第1外科、第2外科合併)
2005年3月 帝京大学医学部定年、帝京大学医学部外科客員・名誉教授

pagetopへ戻る

講演会・勉強会実績

講演会・勉強会実績コーナーは、独立して新規ページに移動いたしました。
詳細はこちらからご覧ください。