新板橋クリニック|リセット医療センター 逆流性食道炎専門外来
  1. ホーム
  2. リセット医療
  3. 逆流性食道炎専門外来

概要

対象となる方

のどの違和感・異物感、のどのつまり感、のどがやける、むかつき、気持ち悪い、胸やけ、胸が苦しい、げっぷ、食べものがつかえる、息苦しい、胸がちりちりする、背部痛、血痰、咳、胃がはる、胃が苦しいなどを症状とする方は、お気軽にご相談ください。

逆流性食道炎、非びらん性逆流性食道炎と診断されて、なかなか良くならない方、どんどん症状が悪化する方、よくなったり悪くなったりを繰り返している方、生活や仕事の継続がままならなくなっている方は、お気軽にご相談ください。

コンセプト

のどの違和感・異物感、のどのつまり感、のどがやける、むかつき、気持ち悪い、胸やけ、胸が苦しい、げっぷ、食べものがつかえる、息苦しい、胸がちりちりする、背部痛、血痰、咳、胃がはる、胃が苦しい など いろいろな消化器系の症状があるにも関わらず、検査で明らかな病気が発見されない状態を非びらん性逆流性食道炎(非びらん性胃・食道逆流症)と呼んでいます。

また、逆流性食道炎と診断され、治療を受けても、よくならない方が、たくさんおられます。
原因がよくわかっていないこと、日本の人口の少なくとも10%以上の患者数があると推測されること、なかなかよくならない、症状を繰り返しながら悪化する、仕事や生活がままならなくなる など、深刻な状態に悩まされている方が多い疾患です。
けれども、なかなか周囲の理解を得られないこと、どうやればよくなるのかを説明して治療する医療機関がないこと、希望がなくなり、一生このままかもしれないと絶望して、生きる気力を喪失されている方が数多くおられます。そのため、「逆流性食道炎を治せるクリニック」が求められています。

そこで、逆流性食道炎が発症する「しくみ」を明らかにして、しくみに基づいて、患者さん自らが症状を改善して制御していく「自立」を目標とした専門治療をおこなう「逆流性食道炎を治せる外来」を開設しました。
コンセプトは、『あなたの逆流性食道炎は、治ります!』です。過去12年間の専門治療の経験を蓄積しながら複数の医師の体制で診療を行っています。

いつくかのグループが認められます

専門外来を開設して12年が経過しました。診察をしていて、3つのグループが明らかになってきました。

1つめが、20代から60代の方で、肥満傾向がある、夜の暴飲・暴食・生活習慣の乱れがある、などの原因で夜間や朝方に胸焼けを発症する従来から認められる「逆流性食道炎」。PPIの服用で食道炎症状が消失するグループです。

2つめは10代から50代の若年・中年者に認められ、PPIが効果のない、難治性の多種の症状を抱える「非びらん性逆流性食道炎」のグループです。

3つめは、60代以降の中高年者なってから発症する、PPIが効果のない、難治性の多種の症状を抱える「非びらん性逆流性食道炎」のグループです。

基本的な分類・考え方

症状のある方は、下記の2つのどちらかにあてはまります。
内視鏡検査で、明らかな逆流性食道炎を認める「食道炎型」と、逆流性食道炎を認めない「非びらん性食道炎型(NERD:ナード型)」の2つのタイプに分けられます。
簡単にいうと、詳細な内視鏡検査をおこなって、病気や異常(主として逆流性食道炎と食道裂孔ヘルニア)があり症状を発症している方と、病気や異常が全くないのに症状を発症している方に分けられます。ですから、症状のある方は、必ず詳細な内視鏡検査をおこなって、「タイプわけ診断」をします。

食道粘膜の状態、食道裂孔ヘルニアがないかどうか?食道炎がないかどうか?病理組織検査で好酸球などの集積がないかどうか?胃粘膜の委縮がないか?ピロリ菌感染がないか?咽頭炎・喉頭炎がないか?などの確認を行ってタイプわけをします。

追補:10年間以上の専門外来の経験から、2つのタイプの混じった「混合型」の存在が明らかになってきました。顕著な食道裂孔ヘルニアがないにも関わらず、食道炎を認めること、PPIで効果が充分でないこと、のどの症状がしばしばあること、やせた体型であることなどの特徴があります。難治性の炎症性声帯ポリープで、混合型の場合があります。

pagetopへ戻る

逆流性食道炎「食道炎型」

食道炎型

「食道炎型」は、「胃酸」が原因物質です。
胃酸が食道内に逆流することでおこります。内視鏡で食道炎を認めます。そして、食道裂孔ヘルニアがしばしば認められます。
また、喉頭炎を認めることもあります。食道炎型は、20歳から60歳以上にわたり認められます。肥満(とくに太鼓腹)の方、夜の暴飲・暴食など生活習慣のみだれがちな方、胃がんの手術など腹部手術を受けた方など、胃酸の逆流防止機構の制御範囲を超えてしまったとき、逆流防止機構そのものが破綻したときなどに認められます。
40歳以降の方では、萎縮性胃炎を認め、ピロリ菌感染を合併している例が多いです。その場合、除菌治療を行うと、胃粘膜からの胃酸分泌が改善するため、食道炎症状が悪化するので、注意が必要です。40歳以下で食道炎型の場合は、肥満や暴飲・暴食をともない、ピロリ菌感染のない、正常胃粘膜の例が多いです。PPIで症状はほぼ100%消失します。

逆流性食道炎「食道炎型」

逆流性食道炎を認めない「非びらん性逆流性食道炎型(ナード型)」

非びらん性逆流性食道炎型(ナード型)

10歳代から50歳代の若中年層に激増しているタイプです。
食道炎型と同様あるいは、より多彩な症状(鼻からのどにたれてくる感じ、口の中の苦み、舌の痛み、のどの違和感・異物感、のどのつまり、胸のつまり、胸焼け、げっぷ、背部痛、むかつき、気持ち悪い、息苦しい、咳、胃の膨満感など)を呈します。
しばしば、食欲がない、気持ち悪い、嘔吐、気持ちのおちこみ、夜眠れない、不安が強い、おちつかない、息苦しいなどの心の症状をともないます。
内視鏡検査では「食道炎を認めない」のが特徴です。また、60歳代以降の高年層、特に定年以降の方に増加しており、若・中年層と高年層の2峰性のピークを呈します。
内視鏡で食道炎を認めません。食道裂孔ヘルニアは認めず、喉頭炎は認めません。見える異常、観察できる異常がないにもかかわらず症状があります。

「非びらん性逆流性食道炎:ナード型」は「食道炎型」と比較して症状が多彩であることが多く、心の不調を伴ったりします。そして、西洋的薬物治療に抵抗性で症状がなかなか改善しません。

ナード型の原因物質は胃酸ではありません。胃酸以外の「何か」が原因でおこります。そのしくみが現代医療ではよくわかっていないため、治りにくい、治らない、そして、薬が効きにくいのです。 ナード型を治すためには、病態・しくみの理解(なぜ発症するのか)、どうすれば改善・治癒するのかの理解、しくみの運転(リセット医療)の練習・習慣化が必要となります(後述)。

逆流性食道炎「食道炎型」

非食道炎「ナード型」性別にみられる特徴

非食道炎「ナード型」 症状が多彩

ナード型の診断

内視鏡検査でみえる異常、観察できる異常がないにもかかわらず、逆流様症状(のどの違和感・異物感、のどのつまり、胸のつまり、胸焼け、げっぷ、背部痛、むかつき、気持ち悪い、息苦しい、咳、胃の膨満感など)がある場合は、ナード型と診断できます。

ナード型の治療の考え方

1. 薬物療法 西洋薬、漢方、安定剤・抗うつ薬
2. 食事療法
3. 鍼灸・整体・カイロプラクティスなど
4. 認知行動療法(リセット療法)

認知行動療法は、発症のしくみからアプローチする治療法で、技術を習得して習慣化した方は、症状が改善して、薬物療法が必要なくなります。

追補:「混合型」の存在が明らかになってきました。
これは、検査をすると食道炎型であるのに、PPIで充分な効果がないグループです。顕著な食道裂孔ヘルニアなど逆流防止機構の破綻がないにもかかわらず食道炎がおこります。
また、夜間など臥位(横になった状態)だけでなく、昼間の座位・立位(体をおこした状態)でも、逆流症状が認められるのが特徴です。
これは、まずナード型が先行して発生しているのが原因です。「情報(脳の疲労)」「緊張」「感情」の蓄積が原因で、腹圧が異常亢進します。
混合型の患者さんは、上腹部が異常に緊張して硬くなり、手指でおしても、奥にはいらなくなります。腹圧が異常亢進することで、逆流防止機構が恒常的に破綻し、常に胃酸を含んだ胃液が多量に食道内に逆流するようになります。
そのため、食道炎を併発するので、PPIを服用しても、充分な効果がなくなります。つまり、PPIはある程度逆流防止機構が機能しているときに、充分な効果を発揮するわけです。
そこで、「混合型」では、PPIを服用しながら、リセット治療を行います。
リセット治療で、「しくみの運転」を練習・習慣化することで、腹部の異常緊張が改善します。すると、腹圧が低下するので、逆流防止機構が正常に回復し、胃酸を含んだ胃液の逆流がとまり、病態が消失するので、症状は消失・治癒します。
難治性の炎症性声帯ポリープの方は、混合型の可能性があります。

治療実績

2006年4月から2021年3月まで、1812例の胃・食道逆流症の方を診療しました。2006年度は86例、2007年度は143例、2008年度は167例、2009年度は186例、2010年度は112例、2011年度は136例、2012年度は132例、2013年度は128例、2014年度は147例、2015年度は87例、2016年度は107例、2017年度は126例、2018年度は116例、2019年度は87例、そして2020年度は52例で計1812例でした。食道炎型とナード型の内訳は、食道炎型が497例(27.4%)、ナード型が1315例(72.6%)でした。

症状改善率は、食道炎型は、完全消失が497例中489例(98.4%)、そして、かなり良くなった6例を加えた症状改善率は、497例中495例(99.6%)となりました。

食道炎型は、PPIを中心とした薬物療法でほぼ完全に症状をコントロールできることがわかります。

一方、ナード型は、完全消失は1315例中1126例(85.6%)、そして、かなり良くなった148例(11.3%)を加えた症状改善率は1315例中1274例(96.9%)となりました。

きちんと通院された方は、症状は改善して完治していますので、「脳と自律神経のしくみ」をマニュアル運転する「技術」「練習」「習慣化」を身につけて、「しくみを運転する感覚」を養うまで通院を継続することがポイントです。
「逆流性食道炎を治せる外来」では、ナード型の方には、症状の深刻さにあわせて、漢方治療や安定剤を併用しながら、発症のしくみに基づいて、「しくみの運転」=「「リセット治療」をとりいれ、根本的に治癒する治療をおこなっています。

胃・食道逆流症外来 食道炎型とナード型の内訳と改善率

治療をご検討の方へ

詳しくはこちら胃・食道逆流症の詳細リセット医療センターをご覧ください。
逆流性食道炎を治せる外来は、完全予約制です。ご予約の方はこちらをご覧下さい。

pagetopへ戻る